2014年05月08日

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

内容紹介

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、
アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、

「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。

欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、
「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、

きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。

この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、
あなたのこれからの人生はどう変わるのか?

もしくは、なにも変わらないのか…。

さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。


〜対人関係に悩み、人生に悩むすべての人に贈る、「まったくあたらしい古典」です。


著者:岸見 一郎、古賀 史健
単行本: 296ページ
出版社: ダイヤモンド社
発売日: 2013/12/13
価格: ¥ 1,620


posted by ブックマン at 09:22 | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

愛ふたたび

内容紹介

人生最高の恋。

妻を亡くした70代の医師。

40代半ばまで伴侶に巡り合えなかった女性弁護士。

性的不能となった男は、いかにして女を愛したのか?

それは、すべてを諦めて、
余生を静かに送れという神のお告げなのか……。

愛妻の死を契機に、

第二の人生を楽しむ決心をした整形外科医の「気楽堂」こと、国分隆一郎、73歳。

突然襲われた、回復しようのない性的不能――。

絶望と孤独のどん底に突き落とされた彼の前に、
亡き妻の面影をしのばせる女性が患者として現れる。


〜恋愛観、人生観が一変する 渡辺文学の到達点。


著者: 渡辺 淳一
単行本: 269ページ
出版社: 幻冬舎
発売日: 2013/6/28
価格: ¥ 1,575 円

posted by ブックマン at 03:36 | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

日本人だけが知っている神様にほめられる生き方

内容紹介

上へ上へと伸びるより、奥へ奥へと歩みなさい―― 
強運の人・愛される人の共通点とは?  

順風満帆な人生は仕上がりが悪い。

失敗の多い人生こそ、気づきがあり、人の言葉も身に沁みます。

人生に迷ったとき、もうこれ以上歩めないと思ったとき、
この本を手に取ってもらい、生きるよすがにしていただければと念じています。  

打算のない行動が運命を開く。 
運を招くためには、損得ばかり追求してはいけない。 

代償を求めない行動こそが運を招き寄せる。  
感謝の気持ちは幸せへの入り口。 

感謝すること、物を大切にすることは誰にでもできる簡単な行為だが、
心の底からそう思い、行動することは難しい。

「もう少し」と努力を続けた人が最高の人生を送れる。  


〜今日も生き続ける、二千年続く所作・しきたりに込められた智恵を紹介。


著者: 岡本 彰夫
単行本: 159ページ
出版社: 幻冬舎
発売日: 2013/6/12
価格: ¥ 1,000 円

posted by ブックマン at 01:53 | 教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。